樹木葬とは?その由来について

subpage01

近年、お墓にこだわらず、自然に遺骨を返す葬送法が注目を集めています。
樹木葬は従来のように墓石ではなく、樹木や花を墓標にして、遺骨はその地中に埋葬するという葬送法です。

茨城の自然葬の専門サイトのこちらです。

散骨と同様に、自然葬の一種と言えます。
自然に還れる葬送法というだけでなく、子どもがいないなどの理由で墓石の維持管理ができない、墓石はお金がかかりすぎる、などといった事情もあり、最近選択する人が増えています。

ただ、海に遺骨を撒く「散骨」と違い、きちんと墓地として認められた土地でないと、遺骨を土に埋葬することができません。

魅力的なエキサイトニュースサポートと断言できます。

日本で始めて行われたのは1999年です。


岩手県の祥雲寺にて行われました。

祥雲寺が里山を購入し、行政や地域住民の許可を得て、樹木葬墓地として開発したのが始まりです。



この墓地開発には、墓石を建てないということや、遺骨を自然に還す、ということの他に、里山の自然の保護と再生という大きな目的がありました。

山の自然を守り育てていくために、経済的基盤をつくること、環境に影響を与えないことを条件に、この樹木葬が始められた、というわけなのです。

この祥雲寺の樹木葬は大きな注目を集め、全国的な広がりを見せていくことになるのです。

そのきっかけとなったのがNPOエンディングセンターの「桜葬」や、公営霊園のサービス参入です。都立の霊園が樹木葬サービスに参入したところ、多数の応募があったということからも、需要は大きなものであると考えられます。

関連リンク

subpage02














遺骨をそのまま散骨するのは違法行為となるので注意

日本では地域によって風習が異なるものの、亡くなった人の遺体は最終的に火葬をすることになります。多くの人は、その後遺骨を骨箱におさめて、四十九日や一周忌の時期にあわせて納骨をする形をとりますが、一方で死亡者本人やその遺族の意向により、遺骨の一部もしくは全部を散骨するケースも存在します。...

NEXT
subpage03














散骨とはどういうものなのか

散骨とは、その字の通りに「骨を撒く」というものになります。日本では法律によって火葬を行った後の骨の状態のままでは定められた墓地以外の場所に骨を埋葬することはできません。...

NEXT