散骨とはどういうものなのか

subpage01

散骨とは、その字の通りに「骨を撒く」というものになります。日本では法律によって火葬を行った後の骨の状態のままでは定められた墓地以外の場所に骨を埋葬することはできません。

日本経済新聞情報選びをサポートします。

刑法に触れて事件となってしまうためです。

そのため、遺骨をパウダー状にして海や山、宇宙などに散骨することになります。


死後は墓に入るのではなく、大好きだった自然に還りたいという人にも人気となっています。


散骨は基本的には葬送の目的で節度があれば行うことは問題がないという法務省の見解もあり、行っている業者が増えてきています。



しかし自分だけで散骨を行うこともできないものではありません。
費用を安くすることが出来、自分の都合で思い立ったときに行うことが出来るというメリットもあります。

しかし自分で行う場合には人の土地や国や都道府県の所有している土地で勝手に行うことはできませんし、たとえ自分の土地であったとしても近くに観光地があったり水源となっている河川などがある場所で行うのは適切ではありません。



海ならば良いのかという点も、近くに海水浴場や漁場があればそれは風評被害にも繋がってしまうため、避けた方が良いと言えます。

自分の家の土地であっても、近所の人に知られたときのことを考えるとあまり現実的ではないとも言えるので、業者に依頼して近くに漁場などがない陸から遠く離れた海や、きちんと整備された里山や公園などに散骨するのが現実的であると言えます。

関連リンク

subpage02














お墓に入らず自然にかえる散骨

人生の仕舞い方には色々な方法や価値観があり、とくに日本は宗教観もかなり人によるので、現在の遺骨の処し方もさまざまです。多いのは、代々のお墓に入るやり方ですが、近年は散骨など新しい価値観も広がっています。...

NEXT
subpage03














故人を自然に還す海洋葬

今日の葬儀形式には、亡くなった人を自然に還す自然葬というものが多くなっている傾向にあります。自然葬を選ぶ理由としてはお墓代が用意できない、お墓を守ってくれる子どもがいない、お墓に入るのがイヤなどがあります。...

NEXT