お墓に入らず自然にかえる散骨

subpage01

人生の仕舞い方には色々な方法や価値観があり、とくに日本は宗教観もかなり人によるので、現在の遺骨の処し方もさまざまです。



多いのは、代々のお墓に入るやり方ですが、近年は散骨など新しい価値観も広がっています。

散骨とは、遺骨を細かくして、自然にかえすという方法で、お墓には入りません。
核家族が増えるなど、子どもやお墓の面倒をみるのが大変で墓じまいをする人も出てきているので、中には、たくさんの他の方と広い一つのお墓に入るなど、選択肢が増えていますが、散骨は、より残った人に負担をかけたくない人であったり、自然にかえりたいと望む人が選んでいることが多いです。


長い目で見ると、お墓の維持費などがありませんから、経済的にも負担が少ないともいえます。

ただ、お骨を細かくするのは専門の業者に依頼をして、やってもらうので、火葬場などの会社にもよりますが、料金がかかるところが多いです。

Yahoo!ニュース情報探しのサポートをいたします。

しかし、お墓を買うことと比べたらかなりお金はかからないといえます。

また、散骨は、どこにでもしていいわけではありません。
思い入れがある場所にまいて欲しいと希望しても、その通りにできるかは、役所に問い合わせなければ分かりません。許可を取らずにお骨をまいてしまうと、事件と勘違いされるので、きちんと申請をします。
また、生前に本人の意思が確認できないと申請がおりにくくなりますから、散骨を希望する方は、元気なうちに、きちんとした文書に意思表示を残しておくことが大切です。



関連リンク

subpage02














お墓に入らず自然にかえる散骨

人生の仕舞い方には色々な方法や価値観があり、とくに日本は宗教観もかなり人によるので、現在の遺骨の処し方もさまざまです。多いのは、代々のお墓に入るやり方ですが、近年は散骨など新しい価値観も広がっています。...

NEXT
subpage03














故人を自然に還す海洋葬

今日の葬儀形式には、亡くなった人を自然に還す自然葬というものが多くなっている傾向にあります。自然葬を選ぶ理由としてはお墓代が用意できない、お墓を守ってくれる子どもがいない、お墓に入るのがイヤなどがあります。...

NEXT