故人を自然に還す海洋葬

subpage01

今日の葬儀形式には、亡くなった人を自然に還す自然葬というものが多くなっている傾向にあります。



自然葬を選ぶ理由としてはお墓代が用意できない、お墓を守ってくれる子どもがいない、お墓に入るのがイヤなどがあります。
自然葬には様々な種類があり、散骨を山で行ったり、海で行ったり、はたまた宇宙で行ったりなど故人が好きだった場所を選んでそこに散骨をしようと考える家族が多いようです。中でも多いのは海に散骨する海洋葬です。

以前は海に遺体を散骨するのは禁じられていました。



しかし近年では「自然に還す」という考えから人々の散骨に対する意識が変わり今では海洋葬は認知度が高い散骨方法となっています。

しかしもともと禁止事項であったものなので散骨をするにしても2?以下の大きさにしなければならないと言われています。

そのため多くの人が遺骨を粉末状にし、海に散骨します。
そして清めの意を込めてお酒をまきます。海洋葬をするということは船が必要となります。

YOMIURI ONLINE情報のことならお任せください。

葬儀という1つのセレモニーなので遺族が乗れるようある程度大きな船を用意する必要があります。
どのような舟でどのようなプランを組むかで費用は大きく変わりますが、大体10万円〜という金額で行うことができるため、葬儀費用を大幅にカットすることができます。日々変化する冠婚葬祭ですが、葬儀に関して大切なのは故人のこと考えるというところにあります。故人に敬意を表し、最後まで弔うことを第一に考えるようにしましょう。

関連リンク

subpage02














お墓に入らず自然にかえる散骨

人生の仕舞い方には色々な方法や価値観があり、とくに日本は宗教観もかなり人によるので、現在の遺骨の処し方もさまざまです。多いのは、代々のお墓に入るやり方ですが、近年は散骨など新しい価値観も広がっています。...

NEXT
subpage03














故人を自然に還す海洋葬

今日の葬儀形式には、亡くなった人を自然に還す自然葬というものが多くなっている傾向にあります。自然葬を選ぶ理由としてはお墓代が用意できない、お墓を守ってくれる子どもがいない、お墓に入るのがイヤなどがあります。...

NEXT